会社情報 沿革

ホーム > 会社情報 > 良い会社への改革の取り組み

藤久運輸グループの”良い会社への改革“の取り組み

藤久運輸倉庫株式会社では、中期経営計画方針として“良い会社への改革”を掲げております。

藤久運輸グループの活動の取り組み

  • 安全祈願
  • 毎年年初、社長以下役員・管理職・社員が参加し、
    安全祈願を行っています。
    1年間の無事故と事業繁栄を全員の想いで
    参拝しています。
  • 藤久感謝の日制定
  • 当社では、毎月10日を“藤久感謝の日”として制定し、親に感謝、友達に感謝、同僚・部下・上司に感謝、家族に感謝しましょうとしています。
    大切なことは、日頃言葉に出せない「ありがとう」の気持ちを相手に伝えることです。
    「褒める・褒められる」の関係が、社内のコミュニケーションを円滑にすると考えたからです。

  • サンクスカート制度
  • 日頃ちょっとした瞬間、何気ない行動も受け取る側は、
    感謝していることがあります。そんな思いや感じたことを
    言葉で現すには恥ずかしい......。という意見から
    始まりました。
    一年間で一番多くもらった人と、一番多く贈った人を年末納会にて表彰を行っています。
  • 社内高感度ナンバーワン制度
  • 日頃の業務を通じて社員同士が年2回投票して
    ナンバーワンを決定しています。
    年末納会にて年間表彰を行っています。
  • 改善提案制度
  • 日頃のちょっとした工夫や改善により、作業の効率化・ 減価低減・品質向上等を実践、提案する制度です。
    毎年、700件近くの提案があり、時には会社も驚く程の改善、 原価低減もあります。
    定期審査会による金一封や図書券に加え、年末納会にて、 社長賞を初めとして、最多提案者賞・最多部門賞・優秀賞等 表彰を行っています。
  • 優良乗務員表彰制度
  • 安全運転に努め、一定期間無事故・無違反乗務員に
    対し表彰する制度です。
    年末納会にて表彰を行っています。
  • 省エネ大賞度
  • 当社では、ISO14001を取得し環境に配慮した取り組みを
    実施しています。
    その中で、特に燃費向上、省エネ運転に優れた乗務員を
    年末納会にて表彰しています。
  • チャレンジ25参加・CO2削減の取り組み
  • 当社では、環境省が行っているCO2削減に向けた具体的な 行動を実施、参加企業として登録・実践しています。
    また、各部署に於いては各自の目標を“見える化”し、 維持管理しています。
  • CSR教育・安全教育
  • 私たちは、法令およびその精神を遵守し、オープンでフェアな企業活動を通じて、社会から信頼され、愛され、尊敬される企業を目指しています。
    ただ思想や考えを掲げるだけではなく、社員教育の実践を行っています。
    特に社員一人ひとりに“経営方針書”・“労働安全用語集”を 配布し、乗務員には“安全手帳”を配布し、各ミーティングは もとより、毎朝の朝礼では全員で復唱・解説をしています。
  • 地域清掃活動
  • 当社では、環境保全の一環より毎月1回地域清掃活動を実施しています。社会から信頼され、愛され、尊敬される企業を目指したいとの想いで、小さな活動ですが、清掃時には多くの方から“感謝の言葉”をいただき、全員の励みとなっています。
  • 社会貢献活動
  • 当社では、2013年より社会貢献活動をより具体化した
    活動を実施しています。
    全社員の協力を得て確実な実績をあげています。

    具体的活動内容
    ① 自動販売機売上金一部寄付(赤い羽根共同募金)
    ② 新聞紙・ダンボール・牛乳パック回収提供
       (近隣中学校に提供)
    ③ 使用済み切手回収提供(ボランティア団体へ寄付)
    ④ アルミ缶回収売却(売却金を寄付)
    ⑤ エコキャップ回収提供(ボランティア団体へ寄付)
    ⑥ かりやエコプロジェクトへの参加
  • 委員会制度
  • 当社では2013年より多くの社員に経営参画してもらう
    目的で各種委員会を発足させました。
    メンバーは各部署より選出され、実行計画に基づき
    目標・達成管理表により取り組み内容の“見える化”を
    図っています。
  • 各種委員会―
    ①安全運転推進委員会(2013年~)
    ②社会貢献推進委員会 (2013年~)
    ③業務改善委員会 (2014年~)
  • 社長TOP点検(毎月一回)
  • 藤久運輸倉庫株式会社では、経営方針・中期経営
    計画に基づき各部門の進捗状況、活動実施状況を
    毎月一回社長自ら現場点検(社長TOP点検)を
    行っています。
    併せて安全・品質・コンプライアンスを最重要課題と
    捉えて現状の問題点・課題点を社長・役員・管理者・
    社員と情報を共有し、社内一体となった取り組み
    活動を行っています。
  • 環境整備
  • 環境整備とは、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を通じて
    経営品質を高めていく活動であります。
    併せて“気づき”を再認識する活動としています。
  • ・仕事のやり方を学ぶ
    ・やらないことを決める
    ・やらない地域を決める
    ・気づく人を育てる
    ・コミュニケーションを潤滑にしていく
  • 環境整備は「形」から入って「心」にいたる。と捉えています。
    環境整備が社内に浸透し、仕事に対する社員の考え方も変わりました。
  • 納会
  • 当社では、今年度の事業計画活動総括・次年度に向けた
    取り組みを各事業部長が納会で報告し、目的・目標及び
    結果を全社員に周知させる事により意識の醸成をはかっ
    ています。
    また、各種表彰を行い1年間の労をねぎらう取り組みを
    行っ ています。
  • 社長挨拶
  • 基本理念
  • 会社概要
  • 組織図
  • 沿革
  • 事業所一覧
  • グループ会社
  • 一般事業主行動計画
  • 一般事業主行動計画
  • 会社情報
  • 社長挨拶
  • 基本理念
  • 会社概要
  • 組織図
  • 沿革
  • 事業所一覧
  • グループ会社
  • 一般事業主行動計画
  • 良い会社への改革の取り組み
  • GROUP
  • フジキュー整備株式会社
  • フジキュー整備株式会社 バス事業部
  • フジキューフジック有限会社
  • DAJIU
  • F.I.T.
  • MEDIA
  • 愛知の社長TV
  • エラベル
ページトップへ